ひ と り ご ち る

アクセスカウンタ

zoom RSS 浮き雲

<<   作成日時 : 2011/05/23 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の日曜日に茅場町MAREBITOにて、トミヤマカズヤスマキとして2回目となるイベント【オレトカウリスマキ】を開催いたしました。

今回のイベントは、ライブとトークを基軸に構成しました。
ライブはバンド、月の海の田川さん率いるthe yeties、ペンネンネンネンネンネネムズのふじいくんとかみのくちくんの新世界交響楽団、そしてボク、トミヤマカズヤスマキのライブ。
そして、トークは、ボク、ふじいくん、かみのくちくん、田川さんの4人で展開させていただきました。

まずはライブ。

以前より何度か月の海のライブを拝見していたことがあったのですが、田川さんが今回ドリンクを担当してくれたsenkiyaさんとお知り合いだったことがわかったりしたのがここ最近で、直接お話させていただいたのが、今年の1月にボクのやっているフレッシュジェネレーションというバンドと対バンした時なのですね。
その時に共通の関心事がとてもかぶっていて(好きなお店とか、カフェとか)すごく田川さんのことが好きになったのです。
言ってみれば、今回の【オレトカウリスマキ】の開催の背中を押してくれたのが田川さんという存在だったりします。

そしてthe yetiesのライブもとても素晴らしかったです。
編成は、鍵盤、アコースティックギター、ウクレレ、鉄琴、ハンドベル、リコーダー。メンバーは5人。
田川さん自身はカウリスマキ作品は「浮き雲」をちらっと観ただけ、ということでしたが、ちょうど今この時期のヘルシンキの夏にぴったりな音楽だと思いました。
とても短いフィンランドの夏。

新世界交響楽団のデビューライブは実は、前回2年前に開催した【オレトカウリスマキ】の第一回でした。
その時のライブがとてもよくて、以前にもさいたま展というイベントにも出てもらったこともありました。
今回はガットとスチールのアコースティックギターとゲストのまるやまさんが鉄琴、フルートを演奏しました。
楽曲はオリジナル曲あり、カバーあり(井上陽水も!)でふじいくんかみのくちくんの素の状態があふれたライブでした。
そこに、鉄琴やフルートが絡まるともう鳥肌がたちますね。
心地よく力が抜けて、すぅっと心に声が入っていく感覚でした。

そしてボク、トミヤマカズヤスマキですが、今回はゲストに西ヶ谷源市フュンガフント)とナカニシタカアキを迎えての演奏でした。
第一回の【オレトカウリスマキ】ではソロ出演してくれたナカニシさんには今回サポートをお願いしました。
その歌声が魅力のナカニシさんですが、エレキギターがとてもいいんですね。
テレビジョンとかベルベッツとかそんな感じのギターです。
今回はそんなナカニシさんの魅力を引き出したく、「nattou」という曲を演奏しました

西ヶ谷源市にはアコーディオンを演奏してもらいました。
過去、ボクと西ヶ谷源市は何年も同じバンドで活動していました。
その時はボクはエレキギター、西ヶ谷源市はエレキベースを弾いていました。
同じステージに立つのは10年ぶりぐらい。
お互い楽器は違うけど、なんともいえない信頼感がありました。
いっしょに演奏した「みんなげんき」という楽曲はボクの今までのベストライブだったと思います。



そして、特に楽しかったのがトーク。
打ち合わせの時点では、正直10分もたないのではないかと思っていたのですが、始めると止まらない、オレが。
事前に自分の好きなカウリスマキ作品のシーンを選んで皆さんに観てもらったのですが、共感していただいて嬉しかったです。
今回はボクが司会的な立場だったのに自分が一番話してしまって申し訳ないくらいでした。
お客さんの反応をみると、やはりレニングラードカウボーイズはインパクトあるみたいですね。
田川さんも、

「クレイジー」

と言ってましたしね。

カウリスマキ作品をあまり観た事がない友人がイベントの帰りに作品をレンタルしたと聞いて嬉しかったなあ。


フィンランドをテーマにしたフードも良かったです。
今回は、カレリアパイとシナモンロールをヘブンズテーブルとしてお出ししました。
カレリアパイはライ麦の独特な風味があるので気に入ってもらえるか、ちょっと不安でしたが、みなさんぺろりと召し上がってました。

ドリンクも、やはり暑かったからか冷たいドリンクが大人気でした。
senkiyaさんのオレンジアイスティーがどんどん出ていくのを横目でみておりましたよ。


ライブの最後の曲にいく前、すっと心を落ち着かせて、お客さんの顔をみました。

自分が想像していた以上のお客さんが来場してくださって、

ふと、

「ああ、浮き雲みたいだな」

と思いました。

自分が憧れて、恋焦がれてやまない、カウリスマキ作品の中にいるような気がしました。


【オレとカウリスマキ】
■日にち  2011年5月22日(日)
■場所 茅場町 MAREBITO
■出演 トミヤマカズヤスマキ新世界交響楽団、the yetis(from 月の海)
■フード ヘブンズテーブル
■ドリンク senkiya
■special thanks 西ヶ谷源市、ナカニシタカアキ、chioveja negro


観に来てくださったみなさま
出演してくださったみなさま
協力してくださったヘブンズテーブル、senkiyaさん
会場を心よくお貸し下さったMAREBITO古村さん

本当にありがとうござまいした。

また何か楽しいことを考えます。


ライブの動画なども含めてまた記事をアップいたします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浮き雲 ひ と り ご ち る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる